くるぶしろぐ

日々の雑記のようなもの

『ポケモンGO』自分なりのプレイスタイル

f:id:anklelab:20160916010816p:plain

クワー!(尻尾プルプル)

 

ポケモンGO』が日本で配信されて、もうすぐ1ヶ月が経ちますね。
・・・って文章で書き始める気まんまんだったのに、確認したら7月22日配信スタートだから、今月で2ヶ月だった。早いな。

 

日々ボチボチとプレイ

熱中してハマってたユーザーも落ち着き、「もう飽きたからやってない」という声も結構聞きます。
自分はというと、最初から熱心にプレイしているカンジではないけれど、今でもボチボチとマイペースで楽しんでおります。

最初にゲットしたのはピカチュウ(かわいい)。
配信当日の午前中(仕事中)にアプリをダウンロードし、お昼休みに職場付近を徘徊してゲットしました。

それ以来出掛けるときは、ポケモンGOを起動した状態のiPhoneをポケットに忍ばせて、ちょいちょい歩行距離を稼いでいます。
ポケモンGOのために出掛ける」というような積極的なプレイスタイルではないけれど、「今日は歩いて帰宅しようかな」くらいの動機付けにはなっています。

現在のトレーナレベルは17。
図鑑は60種類ほど埋まっております。

 

個体値とはなんぞや

個体値?(いつも「子太一」と変換される。)についても、あまり気にせずプレイしています。
個体値とは、ポケモン1匹1匹の潜在能力を表すマスクデータ・・・みたいなカンジですかね?
ツールなどで調べれば数値が分かるようですが、そこまでしなくてもイイかなぁ、と。

でも、チームリーダーにポケモンを調べてもらえる機能が追加されてからは、ちょっと意識しています。
我らが黄色チームのリーダー・スパークさんが「トップレベルだぜ!」と爽やかに言い放ったときは、お気に入りのスターを付けています。
(ところで黄色チームって人気ないの?)

そういえば、コンソールのポケモンでも、あんまり個体値とか気にしたことなかった。

 

相棒システム

f:id:anklelab:20160916010815p:plain

最近実装されたばかりの、ステキなシステムですね。
さっそくゼニガメ(かわいい)を相棒にして歩いています。
カメール(絶対かわいい)に進化するのが楽しみ。
カメールは耳がイイよね。(ポリゴンでどんな感じになってるのか、まだ知らないけど。)
でも進化させるほどアメを稼ぐには、結構な距離を歩かにゃあいかん・・・。

 

のんびりプレイヤーとしては満足

現在のポケモンGOは「遊べる要素が少ない」「集めるだけだから飽きる」「(ソシャゲのように)イベントが欲しい」というような意見も少なくないようですが、自分にとってはちょうどイイ具合です。
あまりゲーム性を横に拡げず、キャラが増えていくだけで満足かもしれない。

あ、でも対戦や交換といった交流システムは、やっぱり楽しみかも。

 

まとまらない文章ですが、そんなカンジのプレイスタイルでボチボチ楽しんでおります。

 

「ポケモンGO」の生みの親、解析ツールPokeVisionを規約違反と明言 - iPhone Mania

ツール使って我先にコンテンツ消費して、「もう飽きた。まだやってんの?」って言うやつムカつくよね。

2016/07/31 20:52

『ウィザードリィ』のイントネーション

ここでいう『ウィザードリィ』とは、もちろん人気ゲームシリーズのタイトルです。

ウィザードリィ - Wikipedia

 

昔、伊集院光さんがラジオで『ウィザードリィ』のことを「うぃーざーどりぃ」と発音していたことを、ふと思い出しました。

いやいや、そのイントネーションは違うだろう・・・と思ったけれど、自分のイントネーションにも自信がない。

誰かとの会話の中で、『ウィザードリィ』と発音した記憶もあんまりないし・・・。

関西人だから、標準のイントネーションと違うかもだし・・・。

FF(ファイナルファンタジー)のこと「ファイファン」って言ってた過去があるし・・・

 

ちょっとググってみると、Yahoo知恵袋にこんな投稿が。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ウィザードリィ』のアクセントは【ザ】ですか?【リ】ですか?
身近に両方いて、どちらが正しいか判りません。 

【ザ】だと思います。 

ベストアンサーによると、【ザ】にアクセントを置くとのこと。

良かった。自分と同じだ。

・・・と思ったけど、アクセントといわれても、あんまり確信が持てない。

 

続いて、とある2chスレ(ウィザードリィの発音って「レパートリー」だったんだな)を見ると、

「レパートリー」と同じ。

ブルース・リー」とは違う。

テレンス・リー」とも違う。

とあった。

 

そう、それそれ。わかりやすい。

今日も安心して眠れそうです。

 

え?「マヒャド」のイントネーションって「マヒャド↓」?「マ↑ヒャド」??

www.youtube.com

ウィザードリィのすべて―ファミコン版

ウィザードリィのすべて―ファミコン版

 

『惡の華』が刺さって辛い

そもそも読み始めた理由はなんだっけ? たしか、たまたまKindleのセールで購入した『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を読んだのがキッカケだったはず。

 

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

 

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が素敵な作品だったので、同じ作者(押見修造氏)の作品が読みたいなぁ~と思って探し、『惡の華』にたどり着いた。

「『惡の華』?聞いたことあるけど、どうせ過激な内容で話題性を煽ってるようなやつじゃないの?」くらいの勝手な印象しか持ってなかったんですが、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』と同じ作者だと知って、「これは読んでみなければ!」となったワケです。イイカゲンなもんです。

 

読み始めた結果、みごとに刺さりました。自分の中の中二病的な部分と共鳴してるんでしょう。 破滅的な展開になっていくストーリーにも、どんどん引き込まれていきました。

 

読み終わってからは、1週間くらい気持ちが暗くなってましたね。隙があれば脳内に漫画の内容が思い出されて、「彼はどんな気持ちでその選択をしたんだろう・・・」とかイロイロ。

 

主人公の春日くんの気持ちにちょっとでも近づくため、作中で彼が読んでいた小説を自分も読んでみたくなりました。 それを調べだした矢先に上記の記事が。ありがたいまとめです。

 

その後、アニメ版もチェックしたのですが、こちらはイロイロ批判も多かったみたいですね。自分は好きなんだけど。OP曲も作品内容がきちんと表現されてて良いんだけどなぁ。

2期はないのかなー。ないっぽいなぁ・・・。

 

あ、同じく押見修造氏の『アバンギャルド夢子』も面白かったですよ。他の作品も読んでみたいなぁ。

アバンギャルド夢子

アバンギャルド夢子

 
惡の華(1)

惡の華(1)