くるぶしろぐ

日々の雑記のようなもの

ゲームクリエイター・松野泰己さんが読んでいたという小説まとめ

 

松野泰己さんが好きなので、ほぼ自分用のまとめ。

松野泰己さんとは、『伝説のオウガバトル』『タクティクスオウガ』『ファイナルファンタジータクティクス』『ベイグラントストーリー』などを製作したゲームクリエイター

上の吉田直樹さんとの対談記事の中で、松野さんが影響を受けた小説などについて言及されていたのでピックアップしました。

 

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)

 

指輪物語
全10巻。日本語翻訳のKindle版はないっぽい。

 

黒い海岸の女王<新訂版コナン全集1> (創元推理文庫)

黒い海岸の女王<新訂版コナン全集1> (創元推理文庫)

 

英雄のほうのコナン。
全6巻。日本語翻訳のKindle版はないっぽい。

 

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

 

全8巻。

 

メルニボネの皇子: 1 (永遠の戦士エルリック)

メルニボネの皇子: 1 (永遠の戦士エルリック)

 

エルリック・サーガ
全7巻?

 

豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)

豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)

 

グイン・サーガ
何巻あるんだこれ?…100巻以上!?

 

ローダン・シリーズ。
500巻以上?嘘だろ?

 

レイ・ブラッドベリより

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

 

映画『ブレードランナー』の原作。

 

戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)

戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)

 

父親が持っていたとのこと。

 

薔薇の名前〈上〉

薔薇の名前〈上〉

 

FFTに登場する『ゲルモニーク聖典』着想のヒント?
Kindle版はない。

 

こんなところだろうか。

恥ずかしながら、どれも読んだことがない。
普段小説はほとんど読まないけど、これを機に読んでみたいな。Kindle版がないやつは辛いけど。
しかし、100巻超えとか500巻超えとか…名作はすごいな。

今年に入ってからAmazonプライムビデオで週イチペースで映画を観ている

Amazonプライム会員になったのは昨年の夏

上のツイートは昨年の夏のもの。
NintendoSwitchがまだまだ品薄だった当時、「PrimeNowでSwitch売るぞー!」とAmazonさんが言うので、ホイホイとプライム会員になったのでした。

結局、その時Switchは手に入らず(サーバー落ちたりですごい競争率でしたね)、30日の無料体験期間も終わりましたが、そのまま会員を続けています。

もともとAmazonはよく利用していたので、遅かれ早かれプライム会員になっていたのでしょう。
その後、Amazonのクレジットカード(AmazonMastercardクラシック)も作っちゃったりしてるし、すっかり片足が沼に浸かってます。そのうちゴールドカードにするかも。
(ちなみに、NintendoSwitchは秋ごろにJoshinさんの抽選で無事購入することができました。ありがとう!Joshin!)

 

映画を観る習慣は年明けあたりから

プライム会員になった直後は、せっかくだからとプライムビデオでまだ観たことなかった『ガンダムSEED』なんぞをなんとなく観ておりましたワケです。(20話あたりで中断してるけど…)

プライムビデオで映画を定期的に観出したのは今年に入ったあたりから。
これまで映画は、気になった作品があればたまに映画館で観る程度。それも1シーズンに1回程度でした。自宅で映画を観ることはほとんどなかったです。(地上波でやってるのをダラりとみる程度。)
自宅で映画観るって、なんだかハードルが高かったんですよね。2時間程度拘束されるってカンジが。
まぁゲームなら平気で2時間以上やったりしてるんだから、勝手な思い込みだったんですけど。

最近では、週末に1本観るくらいのペースで映画を楽しんでいます。

 

映画が数珠つなぎになる

幸運なことにウチの職場には映画好きの人が多く、前々からおすすめ作品などもメモっていたので、それを順番に消化することから始めました。
といっても、メモは10作品に満たない程度だったので、その後は何を観ようか悩むことになると思ったのですが、観たい映画って数珠つなぎ式に連鎖していくんですね!
「この俳優が出演している別の映画は…」とか「原作者が同じの別の映画は…」とか。
あと、映画を観た後、その作品の考察をしているブログなんかを読むのが好きなのですが、そこに「この映画が好きな人はこの映画もおすすめ!」ってかんじで紹介してくれているので、なかなかこの連鎖は止まりそうにありません。

 

これまでに観た映画リスト

以下、これまでに観た映画のリストです。
できればまた1作品ずつの感想記事とか書きたい。
(よく考えたら、プライム会員特典じゃないやつも結構あった。それでも1本300円前後だけど。)

たぶんSFとかサスペンス、ミステリーっぽいのが好きなんだな。

 

これから観たい映画リスト

今のところ、観たいと思ってる映画は以下のとおりです。

以上、こんなかんじです。
ちょっと頭ン中がクロエちゃんでいっぱいになってるかもしれません。

飽きっぽいんでこの習慣がいつまで続くかわからないですが、映画の楽しさに目覚め、今のところ充実しています。

いやぁ~映画って本当にいいもんですね。

 

キャリー (字幕版)

キャリー (字幕版)

 

『ポケモンGO』自分なりのプレイスタイル

f:id:anklelab:20160916010816p:plain

クワー!(尻尾プルプル)

 

ポケモンGO』が日本で配信されて、もうすぐ1ヶ月が経ちますね。
・・・って文章で書き始める気まんまんだったのに、確認したら7月22日配信スタートだから、今月で2ヶ月だった。早いな。

 

日々ボチボチとプレイ

熱中してハマってたユーザーも落ち着き、「もう飽きたからやってない」という声も結構聞きます。
自分はというと、最初から熱心にプレイしているカンジではないけれど、今でもボチボチとマイペースで楽しんでおります。

最初にゲットしたのはピカチュウ(かわいい)。
配信当日の午前中(仕事中)にアプリをダウンロードし、お昼休みに職場付近を徘徊してゲットしました。

それ以来出掛けるときは、ポケモンGOを起動した状態のiPhoneをポケットに忍ばせて、ちょいちょい歩行距離を稼いでいます。
ポケモンGOのために出掛ける」というような積極的なプレイスタイルではないけれど、「今日は歩いて帰宅しようかな」くらいの動機付けにはなっています。

現在のトレーナレベルは17。
図鑑は60種類ほど埋まっております。

 

個体値とはなんぞや

個体値?(いつも「子太一」と変換される。)についても、あまり気にせずプレイしています。
個体値とは、ポケモン1匹1匹の潜在能力を表すマスクデータ・・・みたいなカンジですかね?
ツールなどで調べれば数値が分かるようですが、そこまでしなくてもイイかなぁ、と。

でも、チームリーダーにポケモンを調べてもらえる機能が追加されてからは、ちょっと意識しています。
我らが黄色チームのリーダー・スパークさんが「トップレベルだぜ!」と爽やかに言い放ったときは、お気に入りのスターを付けています。
(ところで黄色チームって人気ないの?)

そういえば、コンソールのポケモンでも、あんまり個体値とか気にしたことなかった。

 

相棒システム

f:id:anklelab:20160916010815p:plain

最近実装されたばかりの、ステキなシステムですね。
さっそくゼニガメ(かわいい)を相棒にして歩いています。
カメール(絶対かわいい)に進化するのが楽しみ。
カメールは耳がイイよね。(ポリゴンでどんな感じになってるのか、まだ知らないけど。)
でも進化させるほどアメを稼ぐには、結構な距離を歩かにゃあいかん・・・。

 

のんびりプレイヤーとしては満足

現在のポケモンGOは「遊べる要素が少ない」「集めるだけだから飽きる」「(ソシャゲのように)イベントが欲しい」というような意見も少なくないようですが、自分にとってはちょうどイイ具合です。
あまりゲーム性を横に拡げず、キャラが増えていくだけで満足かもしれない。

あ、でも対戦や交換といった交流システムは、やっぱり楽しみかも。

 

まとまらない文章ですが、そんなカンジのプレイスタイルでボチボチ楽しんでおります。

 

「ポケモンGO」の生みの親、解析ツールPokeVisionを規約違反と明言 - iPhone Mania

ツール使って我先にコンテンツ消費して、「もう飽きた。まだやってんの?」って言うやつムカつくよね。

2016/07/31 20:52