くるぶしろぐ

日々の雑記のようなもの

「関ジャム:プロが選ぶサザンオールスターズの名曲特集!」20選まとめ

2018年11月4日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系・日曜深夜)の番組内容は、「プロが選ぶサザンオールスターズの名曲特集!」でした。
気になる内容だったので、自分用にと思い、サクっとまとめたワケです。(思いのほか大変でしたが。)
知らない曲もあったので、あとでゆっくりチェックしようと思います。(昔の曲もiTunesに揃ってる!)

以下、選出されたとその選者、そして選者のコメントを記載してます。

 

チルダBABY(1983年)

選者:本間昭光(音楽プロデューサー)

全てにおいて日本のメジャーロックバンドの進化を感じさせてくれた楽曲。構成・メロディ・コード進行・アレンジ 全てが新しかった。特にシンセの使い方が秀逸。

マチルダBABY

マチルダBABY

  • provided courtesy of iTunes

 

思い過ごしも恋のうち(1979年)

選者:スガシカオ(シンガーソングライター)

中学生の頃に聴き込んだ1番好きな曲。当時の記憶と空気が曲の中にこびりついている。サザンの曲のコードを研究したこともあったが、真似しようとしてもできなかった。

 

勝手にシンドバッド(1978年)

選者:TAKE(FLOW)

当時でさえも、ラテンパーカッションのアレンジは斬新だっただろうし、サビのEmとAmのループは「アロエ(’15)」にも通ずるサザンの原点だと感じています。

 

爆笑アイランド(1998年)

選者:高橋優

よくぞそれを唄ってくれました、という歌詞。社会風刺・ロック・歪むエレキ。でもサザンが奏でるとネガティヴに聴こえず、タイトル通り爆笑しながら、拳を突き上げてライブで盛り上がる画が浮かんできます。

爆笑アイランド

爆笑アイランド

  • provided courtesy of iTunes

 

愛の言霊 ~Spiritual Message~(1996年)

選者:KUMI(LOVE PSYCHEDELICO

言葉が持つ響きリズムが連なってメロディーとなって音楽となる。言葉音楽のスゴい世界。これだけの曲これだけの歌詞を書いているからこそ、書けるんだと思う。音と言葉を密接に分かっている人だから作れる歌詞。時には、その言葉の意味とかメッセージ風景シチュエーション、そんなものを超えてマントラのようにエネルギーが入ってくる。

 

メロディ(Melody)(1985年)

選者:保本真吾(音楽プロデューサー)

この曲を聞いた時に初めて英語がとてもカッコいいと思いました。日本語と英語の使い方とか発音が絶妙で、サウンド指向が強かった自分は言葉の響きが気持ちよく感じました。

メロディ(Melody)

メロディ(Melody)

  • provided courtesy of iTunes

 

TSUNAMI(2000年)

選者:NAOKILOVE PSYCHEDELICO

一つの音に一つのアクセントをのせる洋楽のような歌い方をしていた桑田さんが伝統的な昭和の歌謡曲のルーツなどを顧みて、日本語の発音を一字一句さらに吟味。それを歌の発音に反映させたのが桑田さんのスゴい所。

TSUNAMI

TSUNAMI

  • provided courtesy of iTunes

 

奥歯を食いしばれ(1979年)

選者:斎藤誠(サザンのサポートギタリスト)

桑田さんのボーカルが完全なブルース!!こんな歌い方が出来る日本人は現在でも一人もいない。

奥歯を食いしばれ

奥歯を食いしばれ

  • provided courtesy of iTunes

 

闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(2018年)

選者:浅倉大介(音楽プロデューサー)

イントロのバグパイプやBメロのシタール歌詞のSF観を引き立てている。

 

東京VICTORY(2014年)

選者:TAKE(FLOW)

サビのオクターブ奏法のベースや出口のオートチューンのかかった(機材で加工した)ヴォーカルなどロックとEDMの融合を高次元で実現した好例だと思っています。

東京VICTORY

東京VICTORY

  • provided courtesy of iTunes

 

シャ・ラ・ラ(1980年)

選者:斎藤誠(サザンのサポートギタリスト)

サザンソング中、最高のR&Bこの曲のレコーディングの時、たまたまスタジオに遊びに行ったのですが、スタジオの外に漏れ聞こえてくる、そのメロウなサウンドのあまりの美しさにビックリしました。

シャ・ラ・ラ

シャ・ラ・ラ

  • provided courtesy of iTunes

 

鎌倉物語(1985年)

選者:松室政哉(シンガーソングライター)

原さんの歌声は桑田さんと同じように、サザンオールスターズの声である。全ての男を優しく包み込み、見守るような母性があふれる声を堪能できる。

鎌倉物語

鎌倉物語

  • provided courtesy of iTunes

 

ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)(1984年)

選者:NAOKILOVE PSYCHEDELICO

原さんが未だに、この時代にあのリフを手弾きでやっているのは、いい意味でオールドスクール(伝統的)をスゴく大切にしたキーボード奏者だと思う。

 

希望の轍(1990年)

選者:沙田瑞紀(ねごと)

イントロのキーボードの掴みが最高。キラキラとしていてロマンチックなのに思わず熱くなる。

希望の轍

希望の轍

  • 稲村オーケストラ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

HAIR(1992年)

選者:KUMI(LOVE PSYCHEDELICO

ユーモアセンスあふれる言葉遊びの中に、哲学的な世界観を感じる。詞が抽象的な所は自分たちも影響を受けているかも?

HAIR

HAIR

  • provided courtesy of iTunes

 

ニッポンのヒール(1992年)

選者:NAOKILOVE PSYCHEDELICO

ボブ・ディラン・ライクな歌唱にのせて、ユーモアたっぷりに世間をぶった斬るような「裏・桑田ワールド」しかし、特定の誰かをやり玉にあげるのではなく、その批判の先に自分もいて、「俺たち世代ってダメな大人なとこあるよな~」みたいなことを歌っているように感じます。

ニッポンのヒール

ニッポンのヒール

  • provided courtesy of iTunes

 

吉田拓郎の唄(1985年)

選者:スガシカオ(シンガーソングライター)

先輩の吉田拓郎さんを名指しにしたタイトルですが、よくこんなこと書いたなと思う。「俺なら過去など歌わない」とか言っちゃっていいのかと。

吉田拓郎の唄

吉田拓郎の唄

  • provided courtesy of iTunes

 

よどみ萎え、枯れて舞え(1984年)

選者:松室政哉(シンガーソングライター)

歌詞に出てくる「愛倫浮気症」という造語が素晴らしい。桑田さんの造語は天才的。

選者:スガシカオ(シンガーソングライター)

本当に「愛倫浮気症」という病気があるのだと思っていた。浮気症の中でもに最もタチの悪い病気なんじゃないかと。

 

Brown Cherry(1985年)

選者:スガシカオ(シンガーソングライター)

英語と日本語を逆に聞かせて隠語を隠すのが桑田さんの真骨頂。そんな姑息な手段が小学生っぽくて好き。

Brown Cherry

Brown Cherry

  • provided courtesy of iTunes

 

慕情(1992年)

選者:スガシカオ(シンガーソングライター)

いかがわしさの中に時々、こういった深い叙情的な美しい歌詞が出てくると、威力が10倍くらいになる。真面目な事ばかり言ってる人が歌ってもそんなに響かないが、桑田さんが歌うと、ものすごく響く。

慕情

慕情

  • provided courtesy of iTunes

 

以上です。

実際のアンケート結果は87曲あったそうなのですが、番組の尺の都合上20曲に絞ったそうです。他の曲も是非知りたいんだが…。

しかし「関ジャム」は良いコンテンツを作るなぁ。毎週楽しみにしてる数少ない番組ですよ。

ゲームクリエイター・松野泰己さんが読んでいたという小説まとめ

 

松野泰己さんが好きなので、ほぼ自分用のまとめ。

松野泰己さんとは、『伝説のオウガバトル』『タクティクスオウガ』『ファイナルファンタジータクティクス』『ベイグラントストーリー』などを製作したゲームクリエイター

上の吉田直樹さんとの対談記事の中で、松野さんが影響を受けた小説などについて言及されていたのでピックアップしました。

 

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)

 

指輪物語
全10巻。日本語翻訳のKindle版はないっぽい。

 

黒い海岸の女王<新訂版コナン全集1> (創元推理文庫)

黒い海岸の女王<新訂版コナン全集1> (創元推理文庫)

 

英雄のほうのコナン。
全6巻。日本語翻訳のKindle版はないっぽい。

 

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

 

全8巻。

 

メルニボネの皇子: 1 (永遠の戦士エルリック)

メルニボネの皇子: 1 (永遠の戦士エルリック)

 

エルリック・サーガ
全7巻?

 

豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)

豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)

 

グイン・サーガ
何巻あるんだこれ?…100巻以上!?

 

ローダン・シリーズ。
500巻以上?嘘だろ?

 

レイ・ブラッドベリより

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

 

映画『ブレードランナー』の原作。

 

戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)

戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)

 

父親が持っていたとのこと。

 

薔薇の名前〈上〉

薔薇の名前〈上〉

 

FFTに登場する『ゲルモニーク聖典』着想のヒント?
Kindle版はない。

 

こんなところだろうか。

恥ずかしながら、どれも読んだことがない。
普段小説はほとんど読まないけど、これを機に読んでみたいな。Kindle版がないやつは辛いけど。
しかし、100巻超えとか500巻超えとか…名作はすごいな。

今年に入ってからAmazonプライムビデオで週イチペースで映画を観ている

Amazonプライム会員になったのは昨年の夏

上のツイートは昨年の夏のもの。
NintendoSwitchがまだまだ品薄だった当時、「PrimeNowでSwitch売るぞー!」とAmazonさんが言うので、ホイホイとプライム会員になったのでした。

結局、その時Switchは手に入らず(サーバー落ちたりですごい競争率でしたね)、30日の無料体験期間も終わりましたが、そのまま会員を続けています。

もともとAmazonはよく利用していたので、遅かれ早かれプライム会員になっていたのでしょう。
その後、Amazonのクレジットカード(AmazonMastercardクラシック)も作っちゃったりしてるし、すっかり片足が沼に浸かってます。そのうちゴールドカードにするかも。
(ちなみに、NintendoSwitchは秋ごろにJoshinさんの抽選で無事購入することができました。ありがとう!Joshin!)

 

映画を観る習慣は年明けあたりから

プライム会員になった直後は、せっかくだからとプライムビデオでまだ観たことなかった『ガンダムSEED』なんぞをなんとなく観ておりましたワケです。(20話あたりで中断してるけど…)

プライムビデオで映画を定期的に観出したのは今年に入ったあたりから。
これまで映画は、気になった作品があればたまに映画館で観る程度。それも1シーズンに1回程度でした。自宅で映画を観ることはほとんどなかったです。(地上波でやってるのをダラりとみる程度。)
自宅で映画観るって、なんだかハードルが高かったんですよね。2時間程度拘束されるってカンジが。
まぁゲームなら平気で2時間以上やったりしてるんだから、勝手な思い込みだったんですけど。

最近では、週末に1本観るくらいのペースで映画を楽しんでいます。

 

映画が数珠つなぎになる

幸運なことにウチの職場には映画好きの人が多く、前々からおすすめ作品などもメモっていたので、それを順番に消化することから始めました。
といっても、メモは10作品に満たない程度だったので、その後は何を観ようか悩むことになると思ったのですが、観たい映画って数珠つなぎ式に連鎖していくんですね!
「この俳優が出演している別の映画は…」とか「原作者が同じの別の映画は…」とか。
あと、映画を観た後、その作品の考察をしているブログなんかを読むのが好きなのですが、そこに「この映画が好きな人はこの映画もおすすめ!」ってかんじで紹介してくれているので、なかなかこの連鎖は止まりそうにありません。

 

これまでに観た映画リスト

以下、これまでに観た映画のリストです。
できればまた1作品ずつの感想記事とか書きたい。
(よく考えたら、プライム会員特典じゃないやつも結構あった。それでも1本300円前後だけど。)

たぶんSFとかサスペンス、ミステリーっぽいのが好きなんだな。

 

これから観たい映画リスト

今のところ、観たいと思ってる映画は以下のとおりです。

以上、こんなかんじです。
ちょっと頭ン中がクロエちゃんでいっぱいになってるかもしれません。

飽きっぽいんでこの習慣がいつまで続くかわからないですが、映画の楽しさに目覚め、今のところ充実しています。

いやぁ~映画って本当にいいもんですね。

 

キャリー (字幕版)

キャリー (字幕版)