読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるぶしろぐ

日々の雑記のようなもの

『惡の華』が刺さって辛い

LINEスタンプ

そもそも読み始めた理由はなんだっけ? たしか、たまたまKindleのセールで購入した『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を読んだのがキッカケだったはず。

 

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

 

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が素敵な作品だったので、同じ作者(押見修造氏)の作品が読みたいなぁ~と思って探し、『惡の華』にたどり着いた。

「『惡の華』?聞いたことあるけど、どうせ過激な内容で話題性を煽ってるようなやつじゃないの?」くらいの勝手な印象しか持ってなかったんですが、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』と同じ作者だと知って、「これは読んでみなければ!」となったワケです。イイカゲンなもんです。

 

読み始めた結果、みごとに刺さりました。自分の中の中二病的な部分と共鳴してるんでしょう。 破滅的な展開になっていくストーリーにも、どんどん引き込まれていきました。

 

読み終わってからは、1週間くらい気持ちが暗くなってましたね。隙があれば脳内に漫画の内容が思い出されて、「彼はどんな気持ちでその選択をしたんだろう・・・」とかイロイロ。

 

主人公の春日くんの気持ちにちょっとでも近づくため、作中で彼が読んでいた小説を自分も読んでみたくなりました。 それを調べだした矢先に上記の記事が。ありがたいまとめです。

 

その後、アニメ版もチェックしたのですが、こちらはイロイロ批判も多かったみたいですね。自分は好きなんだけど。OP曲も作品内容がきちんと表現されてて良いんだけどなぁ。

2期はないのかなー。ないっぽいなぁ・・・。

 

あ、同じく押見修造氏の『アバンギャルド夢子』も面白かったですよ。他の作品も読んでみたいなぁ。

アバンギャルド夢子

アバンギャルド夢子

 
惡の華(1)

惡の華(1)