読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるぶしろぐ

日々の雑記のようなもの

『ポケモンGO』自分なりのプレイスタイル

ゲーム
LINEスタンプ
f:id:anklelab:20160916010816p:plain

クワー!(尻尾プルプル)

 

ポケモンGO』が日本で配信されて、もうすぐ1ヶ月が経ちますね。
・・・って文章で書き始める気まんまんだったのに、確認したら7月22日配信スタートだから、今月で2ヶ月だった。早いな。

 

日々ボチボチとプレイ

熱中してハマってたユーザーも落ち着き、「もう飽きたからやってない」という声も結構聞きます。
自分はというと、最初から熱心にプレイしているカンジではないけれど、今でもボチボチとマイペースで楽しんでおります。

最初にゲットしたのはピカチュウ(かわいい)。
配信当日の午前中(仕事中)にアプリをダウンロードし、お昼休みに職場付近を徘徊してゲットしました。

それ以来出掛けるときは、ポケモンGOを起動した状態のiPhoneをポケットに忍ばせて、ちょいちょい歩行距離を稼いでいます。
ポケモンGOのために出掛ける」というような積極的なプレイスタイルではないけれど、「今日は歩いて帰宅しようかな」くらいの動機付けにはなっています。

現在のトレーナレベルは17。
図鑑は60種類ほど埋まっております。

 

個体値とはなんぞや

個体値?(いつも「子太一」と変換される。)についても、あまり気にせずプレイしています。
個体値とは、ポケモン1匹1匹の潜在能力を表すマスクデータ・・・みたいなカンジですかね?
ツールなどで調べれば数値が分かるようですが、そこまでしなくてもイイかなぁ、と。

でも、チームリーダーにポケモンを調べてもらえる機能が追加されてからは、ちょっと意識しています。
我らが黄色チームのリーダー・スパークさんが「トップレベルだぜ!」と爽やかに言い放ったときは、お気に入りのスターを付けています。
(ところで黄色チームって人気ないの?)

そういえば、コンソールのポケモンでも、あんまり個体値とか気にしたことなかった。

 

相棒システム

f:id:anklelab:20160916010815p:plain

最近実装されたばかりの、ステキなシステムですね。
さっそくゼニガメ(かわいい)を相棒にして歩いています。
カメール(絶対かわいい)に進化するのが楽しみ。
カメールは耳がイイよね。(ポリゴンでどんな感じになってるのか、まだ知らないけど。)
でも進化させるほどアメを稼ぐには、結構な距離を歩かにゃあいかん・・・。

 

のんびりプレイヤーとしては満足

現在のポケモンGOは「遊べる要素が少ない」「集めるだけだから飽きる」「(ソシャゲのように)イベントが欲しい」というような意見も少なくないようですが、自分にとってはちょうどイイ具合です。
あまりゲーム性を横に拡げず、キャラが増えていくだけで満足かもしれない。

あ、でも対戦や交換といった交流システムは、やっぱり楽しみかも。

 

まとまらない文章ですが、そんなカンジのプレイスタイルでボチボチ楽しんでおります。

 

「ポケモンGO」の生みの親、解析ツールPokeVisionを規約違反と明言 - iPhone Mania

ツール使って我先にコンテンツ消費して、「もう飽きた。まだやってんの?」って言うやつムカつくよね。

2016/07/31 20:52