くるぶしろぐ

日々の雑記のようなもの

福井県立図書館「覚え違いタイトル集」が面白かったので

LINEスタンプ

先日、少し話題になっていた、福井県立図書館ホームページ内にある「覚え違いタイトル集」というページ。

その内容は、
本のタイトルがよくわからない、うろおぼえ。 図書館のカウンターで出会った覚え違いしやすいタイトル、著者名などをリストにしました。
というもの。

なかなかブッとんだ勘違いやウロ覚えのタイトルなんかがリストアップされています。面白いので、気になる方は是非チェックしてみてください。
(楽しむことを目的としたコンテンツではないんだろうけど・・・)

【※追記】
どうやらエンターテインメント性を意識されているようですね。
ここに「面白そうだから」と訪れていただいて,ついでにいろんなページをご覧いただき,図書館について知ってもらえれば,そして,レファレンスのメールなどを送っていただければ,ふらりと行ってみようかなという気持ちになっていただければ,最高です。
E967 - 福井県立図書館「覚え違いタイトル集」ができるまで | カレントアウェアネス・ポータル

 

さて、2020年9月18日の時点でリストは1~759まであります。随時追加されてるらしいです。

以下、個人的に気になったやつをいくつかピックアップしてみました。
・覚え違い?タイトルの引用
・こうかも!タイトルの引用
・私のコメント
の順です。(太字強調は当ブログによる編集。)

 

13 欽ちゃんの「どうしてそうなるの

なんでそーなるの萩本欽一/著 2007.2 日本文芸社

こんなのは序の口です。

 

58 土日でマスター 産廃処理法

土日で入門、廃棄物処理』長岡文明/編著 2004.1 日本環境衛生センター

マスターと入門では大違い。

 

74 村上春樹の『そば屋再襲撃

パン屋再襲撃村上春樹/著 1986.4 文藝春秋

「パン屋じゃなくソバ屋を襲撃しよう。」やれやれ、と僕は思った。

 

86 僕の初恋をキミにそそぐ

僕の初恋をキミに捧ぐ青木琴美/著 小学館(コミックスのため、当館では所蔵していません)

下ネタやないか。

 

88 トコトコ公太郎

とっとこハム太郎河井リツ子/著 1997.11 小学館

ハメ太郎とかじゃなくて良かった。

 

104 「かもだしげき」の絵本

志茂田景樹の絵本

志茂田景樹」感を醸し出している。

 

110 年だから解雇よ

トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』 田淵アントニオ/著 2009.6 サイカ

覚え方が雑すぎる。ていうか、本来のタイトルのクセがすごい。

 

172 背中を蹴飛ばしたい

蹴りたい背中綿矢りさ/著 2003.8 河出書房新社

ほぼ合ってる。

 

204 「また会おうと誰もが必ず言った

「また、必ず会おう」と誰もが言った。』喜多川泰/著 2010.11 サンマーク出版

微妙に意味が変わってくる。読解力テストの例文みたいな。

 

207 あでらんすの鐘

あんでらすの鐘澤田ふじ子/著 2011.1 中央公論新社

あの鐘を鳴らすのはあなた!(ちなみに、和田アキ子が「ナヤミムヨウ」と歌っていたCMはリーブ21。)

 

321 「100万回死んだねこ

100万回生きたねこ佐野洋子/作・絵 1977.10 講談社

100万回生きるということは、100万回死ぬということなのである。

 

358 菊地カラー

聞く力阿川佐和子/著 2012.1 文藝春秋

語尾をのばすクセがあったのかな。

 

470 みみず書房

みすず書房は、人文・社会科学系学術書を多く刊行する1946年創業の出版社です

ミミズはやめてー

 

477 「丘の上のライオン」のようなタイトルの小説。ひらがなの名前の歌手が書いた本

風に立つライオンさだまさし/著 2013 幻冬舎

“ひらがなの名前の歌手” どんな記憶の仕方?

 

479 「おい桐島、お前部活やめるのか?

桐島、部活やめるってよ朝井リョウ/著 2010 集英社

きちんと本人に確かめてから流布する。

 

547 うんちデルマン

うんこダスマン』村上八千世/文,せべまさゆき/絵 2001 ほるぷ出版

「出る」と「出す」、その差は大きい。

 

622 「人生が片付くときめきの魔法

人生がときめく片づけの魔法近藤麻理恵/著 サンマーク出版 2011年刊

終活本を求めていた可能性。

 

625 茂木健一郎「ほら、あれ、あれだよ」がなくなる本

「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本茂木健一郎/著,羽生善治/著 徳間書店 2015年刊

この答えで1アハGET。

 

674 「五本不満足

五体不満足乙武洋匡/著 講談社 1998年刊

5本・・・Z武さんだけに、なんだか下ネタ感が。

 

662 ホリエモンさんの本で「大きな家事

すごい家事松橋周太呂/著 ワニブックス 2015年刊 ※著者のニックネームが「家事えもん

ホリエモンが家事本を出すとは思えない。

 

663 「家康家を建てる

家康、江戸を建てる』門井慶喜/著 祥伝社 2016年刊

「フリーター、家を買う」みたいなノリ。

 

715 なんかが強く吹きすぎてる本

風が強く吹いている』三浦しおん/著 新潮社 2006年刊

その特徴はもう完全に風でしょう。

 

746 情弱探偵

病弱探偵』岡崎琢磨/著 講談社 2017年刊

これはちょっと面白そう。探偵としては致命的だけど。

 

747 フリーターウエルカム

フリーター、家を買う有川浩/著 幻冬舎 2009年刊

声に出して言ってみたくなるやつ。フリーター、ウエルカム!
そして家康、家を建てる!

 

752 昔からあるハムスターみたいな本

ハムレットシェイクスピア/作 研究社 2010年刊
ハムレットQ1』シェイクスピア/著 光文社 2010年刊

もうほとんど正解なのにぃ!

 

以上・・・厳選するつもりが多くなってしまった。
他にもイロイロ覚え違い例はあるので、是非とも元サイトを見てみてください。

いやしかし、司書さんはすごいね。ウロ覚えのタイトルから目的の本を探し当てちゃうんだから。